先輩の声

三好 浩二 主任

三好 浩二 主任

抜木型製造 / 勤続19年

限られた時間の中で、いかに効率よく、丁寧に出来るかを考えて仕事に取り組んでいます。 繊細な作業が多いので手先の器用さ、集中力が求められ、完成までかなりの時間が必要な物もありますが、完成時には達成感があり、自分が作製した木型で加工された製品が世の中に出るという喜びや誇りを感じますね。 また、常日頃から同僚とコミュニケーションを取り、何でも言えて気持ちよく働ける間柄になれるように心掛けています。
困ったことがあった時、あの人に相談してみようと思われる先輩になりたいですね。

岸本 憲治 主任

岸本 憲治 主任

紙器製造機械オペレーター / 勤続13年

ライン業務では、色々な作業があり、スタッフ一人一人に役割と必要性があります。スタッフ皆と協力し、一つの物を作り上げていく事がこの部署の醍醐味だと思います。また、日々仕事に取り組む中で、必ず問題点・改善点に直面する場面があります。その中で課題を見つけ、解決策を考え、クリア出来たときにやりがいを感じます。私は、何事にもどうあるべきかを大切にしています。どんな事にも「あり方」があり、それを理解できれば、仕事のやり方は日々の考えの中でベストな方法に変わっていき進歩していくと思います。
社内の雰囲気は、上司も部下もとても話しやすく、よくコミュニケーションが取れています。休憩時間には、雑談や冗談も言い合える間柄ですよ。

白石 右樹

白石 右樹

抜加工機オペレーター / 勤続16年

自分の仕事は、印刷と製本の中間に位置する内容が多いので、しっかりとその間を「繋ぐ」ということを意識して、1つ1つの作業を丁寧にする事を心掛けています。機械をセットする際に、何時間もかけてミリ・マイクロの世界で細やかな作業をし、思い通りの製品ができたときは達成感を感じます。自分の手を加えた製品が菓子箱や教材の付録など、様々な分野で幅広く使って頂けることを想像したり、実際に普段の生活で使用されているのを見かけると、自分の仕事にやりがいを感じます。
職場では、休みの体制がしっかり整っていて、年齢差があってもコミュニケーションがとりやすいです。

鳥越 小百合

鳥越 小百合

紙器製造機械補助 / 勤続11年

入社したばかりの頃は分からない事がたくさんありましたが、1度失敗しても次回は同じ失敗をしないように対策をする事で、仕事の幅が広がりました。
当社はとてもアットホームで分からない事や困った事があっても、気さくに相談できる先輩たちに恵まれて、充実した会社生活を送っています。